『レモンドロップの形をした長い前置き』

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

新着記事

What’s New

言葉の切れ端
絶望的な話からはじめること[言葉の切れ端206]New!!

希望にあふれた話の中に絶望を見つけ出すのは簡単だ。 絶望にまみれた話の中に希望を見つけ出すのも、さして難しい話ではない。 だからね、何か話をするときは、絶望的な話から始めることをおすすめする。

言葉の切れ端
抜かれたクッキーの味方をする仕事[言葉の切れ端205]New!!

ミスタ・タカスギはそれをクッキーの生地にたとえて教えてくれたのだ。 「薄い一枚の皮から、お前はくまの形にクッキーをくり抜く。そうだよな? くり抜いたくまの形を見て、お前は満足するわけだ。焼いたあとにそれがふくらんで、肥満 […]

言葉の切れ端
何もかもが変わってしまう[言葉の切れ端204]

ほら、見ていてご覧。今に何もかもが、−そう、文字通り何もかもがだよ−元通りに戻る。 「これでたくさんのことが、価値観が、パワーバランスが、がらりと変わってしまうよ」 そう云うのはいつだって変化を望む、声の大きい少数派だ。 […]

言葉の切れ端
有限な資源は無限に近づいている[言葉の切れ端203]

人生とか世界とか、そういうつかみどころのない有限な資源について話をすると、どうしても形容詞的にならざるをえないよね。 でも我々人類に限っていうなら、キャパシティーは増え続けている。つまり無限に近づいているってことだ。 小 […]

言葉の切れ端
リスクだけを考えて立てる計画[言葉の切れ端202]

計画を立てる前に、計画というものの性質をよく知っておいたほうがいい。さもないと、計画どおりでもそうでなくても計画に振り回されることになるし、悪くすれば計画と目的が入れ替わってしまうことだってありうる。 計画の中でも特にこ […]

言葉の切れ端
組織の中での自由と迷子[言葉の切れ端201]

組織の中で上からの指示を仰がずに自分で仕事をつくりそれをこなし、時には経営方針をつくる手伝いまでしてきた者にとって、自分が次にするはずの仕事がわからなくなることは精神的にかなりこたえる。 それは、自分がその組織にとっても […]

小さなお話
SNSでアウトプットすること[小さなお話68]

頭の中で、今日の飲み会でまりえが言ってくれた助言を反すうする。 「のんちゃんはさ、本ばっか読んでインプットしすぎなんだよきっと。だから知識ばっか増えて、自分のものになんないから、うまく使えないんだ。ツイッターやりなよ。ア […]

言葉の切れ端
成功者の立場からの言葉[言葉の切れ端200]

僕は君に、成功者としての立場から何かを言うことができる。 例えばこんなこと。 僕は何者かになった、それは確かだ。でもその何者かは、「おれ」自身ではなかったんだ。影にいいように動かされている感覚が、いつまでも終わらない。 […]

言葉の切れ端
暮らしを共有する矛盾[言葉の切れ端199]

うちに帰ったら、スープを作るわ。じゃがいもと玉ねぎとにんじんとキャベツとベーコンが入っているの。 それからサラダを作るわ。ブロッコリーを一房と、四角く切ったチーズを使うのよ。だからやっぱり、買うのはバタールにしましょう。 […]

MENU