新着記事

What’s New

小さなお話
給湯室のキメラ[小さなお話69]New!!
言葉の切れ端
よしよしよしよし[言葉の切れ端220]New!!
言葉の切れ端
君を不幸にする要素[言葉の切れ端219]New!!
言葉の切れ端
民のために水をせきとめた手は[言葉の切れ端218]
言葉の切れ端
世界に許容されることとひきかえに[言葉の切れ端217]
日々のつぶやき
今の仕事に楽しみを見つけられない人間は、どこに行っても楽しい仕事になんて出会えない。のか?
言葉の切れ端
無条件に味方をしたいと思う[言葉の切れ端216]
言葉の切れ端
科学ってやつ[言葉の切れ端215]
言葉の切れ端
人は見かけによらない、の本当の意味[言葉の切れ端214]
言葉の切れ端
何かを断言すること[言葉の切れ端213]
言葉の切れ端
嗚呼、これがいつまで続くのか[言葉の切れ端212]
読書感想文
甘えられないから、甘ったれになる人たち『甘えの構造』/土居建郎
言葉の切れ端
君の言ったことは、隅から隅まで正しい[言葉の切れ端211]
言葉の切れ端
記憶というものの正体[言葉の切れ端210]
言葉の切れ端
どっちが楽なんだろうね[言葉の切れ端209]

出版書籍紹介

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

記事カテゴリー

MENU