『レモンドロップの形をした長い前置き』

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

新着記事

What’s New

言葉の切れ端
何もかもから逃げたくなる[言葉の切れ端193]New!!

何もかもから逃げたくなる。でも逃げられないのは、逃げたところで事態が少しでもましになるとは到底思えないからだ。 怖くはない。疲れているだけだ。 だんだん腹が立ってくる。でもあまりに疲れていて、うまく腹を立てることができな […]

言葉の切れ端
あとからは何とでも言えるさ[言葉の切れ端192]New!!

いろんなものごとが何もかもうまく運んでいるとき、二つの考え方がある。 ひとつは、これはツキが回ってきたってことなんだと捉えて、流れに身を任せてみること。もうひとつは、これは罠なんだと捉えて、用心に用心を重ねて慎重になるこ […]

言葉の切れ端
無駄のダイアモンド[言葉の切れ端191]

無駄はよくない。無駄も時には必要だ。無駄にこそ人生のうまみが宿る。 どれが間違っていて、どれが正しいというものでもないだろう。 では、残しておくべき無駄と、本当に役に立たない望まれざる無駄に分けてみるのはどうだろう。 残 […]

言葉の切れ端
幸せと真実と絶対[言葉の切れ端190]

幸せは現実の中にはない。これは疑いようのない真実だ。 ところで真実というのは、万人が納得できる法則、というのと同義語ではないよ。むしろ誰ひとり納得しないことさえある。真実というのは、この世で数少ない絶対的存在かもしれない […]

言葉の切れ端
折れた鉛筆の教訓[言葉の切れ端189]

子供が三人、取っ組み合いのけんかをしていた。生死にかかわるんじゃないかってくらい、激しくさ。 そこに男が通りかかってよくよく聞いてみると、彼らは一本の鉛筆を争っていたんだ。 男はその鉛筆をしげしげと眺めた。何の変哲もない […]

言葉の切れ端
本物を見つけたときの安堵[言葉の切れ端188]

世の中に本物はいる。ちゃんといる。山奥なんかじゃなくね。 彼らは目立ちすぎず、かと言って捨て置かれているわけでもなく、ちゃんと愛されている。にこにこして、赤ん坊みたいに暮らしている。安心してさえいるように見える。 彼らの […]

言葉の切れ端
安心しておやすみ[言葉の切れ端187]

動かないものを、無理に動かそうとしなくていい。そのためのエネルギーは、どうしたって蛍光灯に似てくるから。 おひさまが燃え尽きてしまうまで、夜は眠っているのがいい。それまでは、休息は堕落にはならないから。 安心しておやすみ […]

言葉の切れ端
情報収集がうまい彼の落ちた穴[言葉の切れ端186]

自分で見て、触って、感じて、経験して。 そうして判断して結論していくようにしないと、もう彼らの思い通りになっちゃうよ。 情報収集は逆効果なんだ。わかるね?

言葉の切れ端
変わってしまったホットケーキ[言葉の切れ端185]

しゅわしゅわとして、口の中で溶けるようなパンケーキなんてお呼びじゃないのだ。 みしみしとしたホットケーキを求めて、私はマロンに来ている。 そう伝わってしまえばいいのにと思いながら、渾身のしかめ面で新しくなったつるつるのメ […]

MENU