言葉の切れ端

1/5ページ
物語でもない、日記でも考察でもない。 ふわふわと飛んでいたり、サッと通り過ぎていく言葉の切れ端たちを集めました。

憂鬱の解剖[言葉の切れ端038]

1621年、ロバート・バートンは『憂鬱の解剖』を書いた。 それから400年、憂鬱さはなおも人々の関心事であり、時に命を奪う。 憂鬱というのは、解剖されるべきものでも攻略されるべきものでもない。 同じ磁 […]

1 5