読んだ端から筋を忘れるし、たくさん読んでいるわけでもないし、好きな本も偏っている。
そんなわたしの、とてもとても個人的な読書体験を書き留めています。