種の保存としての孤独[言葉の切れ端020]

「孤独とは何だ」とそれは言った。
いや、「言った」という表現が正しいのかどうか僕にはわからない。
それには、僕らが口と称するパーツは付いていないようだったからだ。

「説明することはできない」僕は言った。
「人はそれを感じたとき、それが孤独であることがわかる」

「それは愉快なものか?」それは興味がなさそうに言った。

「取り立てて愉快というものでもない」

「ではなぜそんなものが存在するのだ?」

「幸福を自覚するため。あるいは種の保存のため」

「随分と不便な暮らしのように聞こえるが」それは顔をしかめた。
それには顔も目もなかったから、僕は憶測でそれの表情を推測し、だいたいのところで目を合わせた。

「まぁ、便利というわけではない」僕は言いながら、先ほど置いてきた左手首の切断面を眺める。

ここから血が抜け切ったら、次の門をくぐれるのだ。

投稿者プロフィール

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。