憂鬱の解剖[言葉の切れ端038]

憂鬱の解剖[言葉の切れ端038]

1621年、ロバート・バートンは『憂鬱の解剖』を書いた。

それから400年、憂鬱さはなおも人々の関心事であり、時に命を奪う。

憂鬱というのは、解剖されるべきものでも攻略されるべきものでもない。

同じ磁力で遠ざけようとするものでもない。

それは幸せを求めるのと同じことだ。

すべてを、五感で感じるのだ。