生活のために書く[言葉の切れ端042]

生活のために書く[言葉の切れ端042]

生活のために書くようになったら、わたしはたぶんもう生きていけないから。