血のつながりは呪いなんかじゃなくて [言葉の切れ端076]

血のつながりは呪いなんかじゃなくて [言葉の切れ端076]

「あの人との血のつながりは呪いよ」涼子は小さく目をつむっていた。額には汗がにじんでいる。

「私はどこまで遠くに行っても、結局あの人が寄越した遺伝子から逃れることができない。ねえ私、この子を堕ろそうかと思うわ。ユウに気づかれないうちに」

「ねえ涼子」あたしは目の前の妹に、そしてたぶんお腹の赤ちゃんにも話しかける。

「涼子は大丈夫だよ。母さんのようにはならないよ。それに母さんも、あたしたちのことを愛していたはずだよ。やり方はまずかったかもしれないけどさ」

「こわいのよ。この子を産んでしまったら、もう後戻りできなくなる」妹はふるえている。

彼女を守ってあげられたらな、と私は思う。でもあたしたちは、ずっと一緒に生きていくわけにもいかないのだ。

「涼子、こっちを見て」妹は茶色い瞳をこちらへ向ける。

「血のつながりは最大のアイラブユーなの。呪いなんかじゃない。あたしたちはきょうだいで、それは世界でいちばん強い絆なんだ。その子が生まれたら、涼子は必ずその子を愛して、その子は必ず涼子を愛する。そしてその瞬間から、涼子とユウくんも血のつながりで結ばれる。ちっともこわくなんかないわ。愛されなさい、存分に」

涼子は笑っていた。この子の屈託のない笑顔には、みんながやられてしまう。

「あんこちゃんもいつか結婚するでしょう、山下さんと」

「あの人はだめ。結婚向きじゃないから」

それに奥さんと子どもがいるから。あたしは心で付け加える。杏子というあたしの名を、妹と同じように「あんこちゃん」と呼んだというだけの理由で、あたしは山下を必要としたのだ。

妹が帰ったあとで、あたしは一人で泣く。

妬みでも羨みでも寂しさでもない。

妹が幸せに暮らしていることがうれしくて、ありがたくて泣くのだ。