神々の遊び 〜やんごとなきたはむれ〜

妹と共に、「神々の遊び」と称する行為がある。

畑いじりと庭いじりだ。

これらを生業にしている方々にとっては、
「遊びと一緒にしてもらっては困る」

という話なのだろうが、私たちもプロ仕事との差をしっかり意識して「遊び」と称しているので、そこは大目に見ていただきたい。

神々の遊び。

要は贅沢な時間の使い方をして、自然とたはむれるのだ。

我が家にはかつて村一番だった農家のプロがいるので(おじいちゃん)、まさに英才教育なのだ。

秋ナスがとうとう長い収穫期を終えた今、畑には青々と大根の葉が茂り、しろ菜が芽を出している。

そして、今年妹と挑戦した人参も、そろそろ収穫期を迎えるだろう。

試しにずぼーんと一本抜いてみた。

自家農家の人参

うむむむむ。。
ハリーポッターのマンドレイクを思い出すフォルムだな。

ちょっと早かったか。
このぶさいくな感じも、愛らしいではないか。

「今洗ってさ、ここでかじってみよう。例の『スイーツみたいに甘いですね〜』がやってみたい」
と、妹が言う。

いいじゃないいいじゃない。

私は基本的に妹の意見にNoということはまずないのだけれど。笑

がぶり。かじりついた妹の顔に、幸せそうな笑みが……

ん?

どうもかなり青臭かったようだ。

私も試しにかじってみるが、これは生ではいただけない。

気を取り直して、今日のメインイベントに取り掛かる。

金木犀の木

庭の金木犀が満開だ。
毎日とてつもなく魅惑的な香りを、私たちの庭に振りまいてくれている。

今日は、大変恐縮ながらこの金木犀の木の花びらをいくらか失敬して、あるものを作ろうと計画しているのだ。

用意するものは、
・密閉できる瓶
・無水エタノール

無水エタノールを買ったのなんて、もちろん生まれて初めてだ。

Amazonありがとう。

これで何が出来上がるのか。
なんと、金木犀の香りの香水が出来上がるそうだ。

うまくいきますように。

余った金木犀の花びらを使って、こんなものを作ってみた。

金木犀の生チョコレート

生チョコレート(金木犀デコレーション)のできあがりだ!

実は私としては、香水よりもこっちの方が魅力的だったりするのだ。

花より団子のわたしです。

ちなみにこの金木犀の練り香水、すごくいい匂いでした!

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。