世界はふたつに分かれるのか。

情報を追いかけるということ

「現代人が一日で得る情報量は、江戸時代の人の一生分のそれに匹敵する」

こんな話を聞いたことがある。

今の時代、それこそ情報は洪水のように、雪崩のように流れてくる。

私自身、テレビ、新聞の類は、あまり見ないようにしていた。
ロクでもないニュースを追いかけるために時間を無駄にしたくない。そう思っていたからだ。

けれど、ここひと月ほど、毎日隅々まで新聞に目を通していると、
ロクでもないニュースが結びついて、ぼんやりと全体像を形作るようになってきた。

バラバラのニュースが、ぜんぶ繋がっているのだ。
スマホで暇のある時にだけ読んでいた記事の寄せ集めとは、明らかに質の違うまとめ方だった。

日経の色もあるし、記者の色もあるから、鵜呑みにという訳にはいかないが、
なるほど世の中の動きがだんだんとつかめてくる。

そして改めて感じたのは、「無知の怖さ」だ。

これまでも、そしてこれからも、情報を積極的に取り入れていかないと、
何もかもが知らないところでひっそりと行われていくのだ。
所詮庶民の目に届く頃には、都合の悪いことはうまく隠されていて、けれど、そんなことは一生知らないほうが幸せなのかもしれない。

それでも、最低限自分のサンクチュアリに侵入してくる要素にだけは、しっかりと目を配っているべきだ。
こんな世界でも愛して、しぶとく生きていこうと決めたなら、必要なことなのかもしれない。

イオン、ドラッグを中核事業に グループ4社の経営統合発表

昨日の日本経済新聞一面は、こんな内容だった。
イオン、ドラッグを中核事業に グループ4社の経営統合発表

これから世界は大きな大きなグループ企業の塊と、個人でやっていく職人型の働き方に二分する。

こんな内容を、本で読んだことがある。

早くもこの兆しが現れ始めているのではなかろうか。

つまり、企業の間では勝ち負けがハッキリしてきている。
合併が進み、弱小はどんどんと淘汰される。
かつての大企業も、現代のスピードについていけていなければ同じことだ。

ダイエーはイトーヨーカドーのセブン-イレブン参入に遅れて、ローソンを投入した。
その「遅れ」の姿勢は、今も足を引っ張っている。
ローソンは最近、成城石井を買収。
ミニストップを持つイオンは、ダイエーを完全子会社化。
つまり、成城石井とミニストップは、遠い親戚になった。

その上、イオンはまたもグループ企業の経営統合……

ネットの発達や輸送機関の発達によって、どんどん世界が狭くなるというのは、こういうことか。

画一的なやり方が、より広い範囲で通用するようになる。

最強の巨人が1人いれば、なにもかも事足りてしまう。

それは、人々の欲望を吸い取って大きくなった、どこかの怪物を思い出させる。

この流れはどんどん進むだろう。

けれど、それだけでは味気ないから。

人は「心」を持っているから。

他とは違う何かや、人の魂のこもったものや体験をほしがる。

そういう心のために、職人として、大企業の渦に巻き込まれずに個人で生きる人の存在が求められる。

努力はもちろんのこと、才能も兼ね備えた「選ばれし戦士」なのだ。

あるいは、結局のところ、世界はそんなにシンプルにはならないのかもしれないな。

24歳の私に言えることは、

人生は「一寸先は闇」だし、
「人間万事塞翁が馬」だし、
まぁ「明日の事を言えば鬼が笑う」のだから、

ちょびっとだけ先のことも考えて、毎日楽しく暮らそうよって話ですね。

いつも先を案じすぎてしまうわたしです。

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。