芽吹きの季節ですし、お天気にも恵まれました

お天気のいいゴールデンウィークです。
今日も働いてくださってる皆さん、おつかれさまです。そしてありがとうございます。

お休みの皆さん、アウトドアの方もインドアの方もリフレッシュされていますか?

ちょうどいい気候で、一年で一番過ごしやすい頃かもしれません。

わたしはインドアなので、家でハンモックを広げてお昼寝をしました。(何年か前の誕生日プレゼントにもらったのです)

外のさくらんぼの木には、小さなさくらんぼが赤い実をつけています。

甘くておいしい、さくらんぼでした。(今日採ったぶんはほとんど一人で食べてしまったので、あとは鳥たちに残しておきます)

それから、先日インゲンを植えた場所に水をやりにいくと、

え、めっちゃ育ってる!
ほんの一日、目を離したすきに、インゲンの芽が出て、こんなに大きくなっていました。

植物の育つ力と、お日様の光ってすごいなぁ。

うれしくなって写真を撮り、一緒に植えた妹に送信。

「めっちゃ生えたー!」

「うそー!一日で!?すごい!」

植えてからなかなか芽が出なかったので、喜びもひとしお。

早速おじいちゃんにも報告しました。

「そんな一日では大きならへん。おかしい。おじいちゃんが見て来たる」

そう言って畑に行ったおじいちゃん。
帰って来た彼が放った一言は……

「ああ、あれ、おじいちゃんがトマトの苗を植えといたってん」

と、ものすごいドヤ顔で言いました。

うそやん…

いんげん…

ちなみにトマトの種も隣の畝に植えていたのですが、おじいちゃん的には苗から育てないとだめだったみたいです。

でも、よく見ると(よく見てね)、
右のほうにちっちゃく、いんげん芽吹いてる!


明日は家族で大掃除の予定ですが、トマトの苗を別の場所で植え替える作業も追加になりそうです。

悪くないゴールデンウィークの過ごし方です。

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。