札幌の美味しいパン屋さんのお話。(イソップベーカリー)

イソップベーカリー

昨日、雨降りの北大のイチョウ並木を歩き、そのまままっすぐ行ってちょっとだけ左に行ったところにあるパン屋さんに行ったお話。
(昨日の記事:北大の図書館とソフトクリーム。今日は雨です。

カフェとパンと、その他おいしいものが大好きな北大卒の友人に教えてもらったパン屋さんへ。
その名も「イソップベーカリー」。

ふむ。なんとも期待の高まる、気の利いた名前である。
ちなみにこの時点でかなりバイアスがかかりまくってるので、たぶん名前が「ひょうきんもの」とかやったとしても、おしゃれに思えてしまうと思う。

「イソップベーカリー」のほうがおしゃれな名前やけど。
もしほんまに「ひょうきんもの」っていうパン屋さんが存在したらどうしよ。

おそらく友人は、在学中何度もここに足を運んだに違いない。
否応にも期待は高まる。

札幌に来て三日目。
まだ食事の回数は六回やけど(おやつ除く)、パンはすでに五個食べてる。
そして今からまた買おうとしてる。

海鮮丼や寿司、ジンギスカン、ラーメン、カニ、スープカレー(有名らしい)、じゃがいも(北海道のイメージ)などは一切食べてない。
エンゲル係数におけるソフトクリームとパンの占める割合が大変高い状態。

ほんまは明日にしようと思ってたけど、イチョウ並木から思いのほか近くて。

雪の日にも外に行列できるほどらしくて、わたしが入る直前にもお母さんと女の子が入っていった。

「車で食べる分だけやからな。ちょっとでいいねんで」
とほほえましい会話。
(たぶん関西弁ではなかった)

お店はこぢんまりとして、というかかなり小さいスペースに(可処分空間はドラえもんの住んでいた押入れぐらい)、パンが所狭しと並んでた。
ブーランジェリーではなく、「パン屋さん」というのがふさわしい感じ。

イソップベーカリー

その時点でお店にあったすべてのパンに目を通しましたが、どれもめちゃくちゃ美味しそうやった。
しかもお手頃価格。

わたしのバカでかい手のひらよりもまだでかいぐらいのクロワッサンがあって、それは一番人気らしかった。
他にも人種のるつぼ的にあらゆるパンが並びまくっていた。

早く回転させなあかんやろう小さな店内に10分ぐらい滞在し(すみませんでした)、吟味に吟味を重ねた結果、以下のパンを購入しました。

イソップベーカリー

クロワッサン(200円)、プレーンベーグル(130円)、クリームパン(100円)、バゲット(280円)。
※価格は外税表示です。

なぜこの四つにしたのか、おそらくご興味はないでしょうが、理由を聞いてください。

  • クロワッサン……一番人気だからといういかにも日本人的な理由。
  • プレーンベーグル……条件反射。かつてのあだ名が「ベーグル」なほどベーグル好き。
  • クリームパン……友人が「今のところ私史上ナンバーワン」とか言うから、そんなん絶対買う。
  • バゲット……夜食。切ってくださった。

これ以上はぜんぜんあり得たけど、これ以下には絞られへんかった。
できれば今晩食べきりたいし。

後から調べると、冷蔵ケースに入ってたポテトサラダが挟まったパンもおいしいらしい。
そうやんな。北海道は芋やもんな。
ベーコンエピは泣く泣く諦めたし、食パンもおいしそうやったし、惣菜パンもおいしいらしいし、
プリンも捨てがたいな。

……明日も行こかな。

このブログを書いたら、お風呂に入ってワインを飲みながらパンまつりする予定です。
土曜日のできごとなので、ブログが公開されているころには食べ終わっているはずですが、味の感想はあえて書きません。

だって100パーおいしいから。
わたしぐらいになると、パンは食わずとも味・食感ともにほとんど確実に想像できますので。

みなさんも札幌に行ったらぜひ寄ってみてくださいね。

全体的に写真のクオリティが低いのは、許してください。
写真の担当は妹→いなければ弟→わたしなので、慣れてないのです。

火曜日は定休日だそうです。
イソップベーカリーのウェブサイト

イソップベーカリー営業時間

この記事にも紹介されてるし、札幌には他にもいっぱい美味しそうなパン屋さんがある模様!
厳選のお店を紹介!地元のファンが多い札幌のパン屋さん巡り♪【12選】

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。