朱に交われば赤くなる(いい意味で)

実は最近、スポーツジムに通い始めました。

在宅業務を開始する時間を1時間ほど早め、その分昼休みを長く取って行っているのですが…
これが結構楽しい。
妹のダイエットに半ば付き合う形で始めたジムですが(いや、私も通勤ナシ&デスクワークで確実に運動はせねばならなかったのだけれど)、今や私のほうがハマってしまい、一人でも熱心に通っています。

自分ルールは「しんどくなるまでやらない」ことです。

嫌になっちゃいますからね、飽き性なんです。

エアロビクスのし過ぎで膝を痛めているので、最近はもっぱらプール。

通い始めた時は、クロールの遅いのなんのって。

息もすぐに上がってしまうし、100m続けて泳げたらいいほう……

昔は水泳習ってたのに…

昨日も泳いでいたら、隣でスイーッスイーッと泳ぐ、スレンダーな女性がいたんです。

頑張ってバタ足してる素振りも、ゼエゼエ息継ぎしてる様子もない。

彼女のこのスピードは、一体どこから来るのだろう。。。

気になったら徹底的に検証したくなる、しかも負けず嫌いな私は、ウォーキングコースに移って彼女の動きを観察。

じーーーーーーーーーーーーーっと、目を皿のようにして凝視。

あ、今息継ぎの時に目が合っちゃったかも。

結果、いくつかの仮説が得られました。

  • 足の付け根から動かしている(膝下から動かしてたわ)
  • バタ足は回数ではなく、足のフォームと振れ幅で決まる(ひたすらにバタつかせてた)
  • 息継ぎはフォームが乱れるので、最低限に(毎秒息継ぎしてたわ)

などなど、学ぶところがたくさんです。

うーむ。

そして、早速実践。
なんと、驚くべきことに、
スピードが上がり、泳ぐのも楽になりました。

技術はやはり、習うものではなく盗むものなんですね。

これは仕事にも通ずるところが多いです。

そんなこんなで、今日は「50m以上続けて泳ぐコース」で泳ぐことに。ジムの最高レベルです。

ちなみにこれまでは、「25m休みながら泳ぐコース」だったので、2段飛ばしくらいの昇格です。

やはり、泳いでいるのは強者揃い。

早いし、休まない。

その中で必死で泳いでいると、いつもより早く、そしていつもより長く泳げている自分に気が付きました。

これは嬉しい。

まさに、いい意味での「朱に交われば赤くなる」だったのです。

おかげで今日は疲れが早くやってきて、早めに引き揚げることになりましたが…

みなさん、目指すところ、憧れの環境などが頭にある人は、ちょっと背伸びしてでも、ぜひ可能な限りその環境に身をおくことをお勧めします!!!

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。