完璧主義者の煩い

New year’s resolution
つまり「新年の抱負」ということだけれど。

みなさんは、今年の誓いを立てられただろうか?

そして思うに、あの誓いは、どの程度達成されているのだろう?
それは、人によって達成度も変わるかもしれない。

ここに、
完璧主義者と大雑把な人間の2種類がいるとする。

その2人が、
「今年は一週間に3時間英語の勉強をする」
と誓いを立てるとする。

大雑把な方の人間が、
一年間で5回くらいさぼってしまい、1時間しかしない週が二ヶ月分あったとしても、
「まぁまぁ頑張った!やったことはやった!」
と、なんだか達成したふうに見えるかもしれない。

逆に、完璧主義者が、
一年のうちでただの1回だけサボってしまった時、
それは無に帰してしまう。
つまり、「今年も英語の勉強をするという目標を達成できなかった」ということになる。

客観的な数値で見れば、完璧主義者の方が勉強しているにもかかわらず。

これは、どちらがどうということではない。

完璧主義者の方は、そういう風に考えてしまうということなのだ。

いくら英語の勉強をしたところで、1日欠けてしまっただけで、ゼロになってしまう。

損な性格だよなぁ。

大雑把な人の目から、世界を見てみたいなあと思う。

世界は完璧にはなりえないから。

投稿者プロフィール

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。