便利っていいことかはわからないけど、進歩っていいことだよね。

今日、壊れかけのiPhoneを最新のにしてきました。

しかも、SoftBankからauに変えちゃいました。

変えた理由はね、妹とただで電話できるようになるのと、SoftBankって会社がなんだか好きになれないのと、値段も大して変わらないのと、なんか色々親切だったからですね。

ガラケー時代は、普通に5年とかもってたのにね。
あの時はすぐに変えたくて、2年きっかりでいつも変えてたけれど。

iPhoneになってから、3年は持たなくなっちゃった。2年を過ぎると、徐々にガタが出てくる。
アプリが落ちる。
ガラケーよりもずっと高性能になったのに、なんだか弱っちくなったみたいですね。

これもメーカーの陰謀だったりして?
考えすぎかな。

そんなこんなで、午後はほとんど設定やデータの移し替えやらで潰れました。

まぁ、いいか。

でも、わたしたちの「忙しさ」は、こういうところから来るんだろうなぁ。

次々に、空いた時間を埋めてくれる何かが生まれてくるんだよね。

人間はどうなってくのか、誰にもわからないけど、
暇になることはないんじゃないかなぁ。笑

ああ、LTE回線はすごく早い。
こうやって、科学技術はストレスをどんどんなくしていく。

書いた人

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。