ファスティング(断食)明け 回復食二日目

朝、酵素ジュースと細かく切ったりんごを食べる。

だいたいいつも朝はりんごひとつで済ませるのだが、この日は「食べてはいけない」感が強く、正直言ってあまり満足感はなかった。

正午に祖父の御用聞きのためにクリーンセンター(粗大ごみを引き取ってくれるところ)へ行き、買い物して帰宅した後に昼食を作り始めたため、食べられたのは2時頃。

よーく煮込んだ野菜スープ(豆腐入り)、なめたけいりおかゆ、納豆をいただく。
納豆なんて食べるの久しぶりだわ。
ちなみにスープには、しめじ、キャベツ、長ネギ、生姜、にんじんを入れて、出汁で味付けしました。

間食、みかん

小説の筆が進まず、精神不安定になる。
ファスティングのせいにして、家族にLINEを送りまくる。
私は私の家族に巡り会えて、心底ラッキーだったと思う。
家族にしたら迷惑な話だが。

夕食
野菜スープ三杯
納豆
もずく
みかん

祖父に、明後日から工事があるので明日帰ってくれと突然言われ、スープを飲み干すことに。
かなりお腹いっぱい。
食べすぎた。
おかゆは飽きたので省略。

さて、こう見てみると、食べてるもの的にはだいたい普段の自分と変わらない。

コーヒーやヨーグルトやソフトクリームが好物なので、それらが食べられないことはかなり精神的に堪えたが、普段から味付けの薄いもの、野菜を中心とした生活を元々しているので、とくに味覚が変わったということもない。

薄味の野菜がおいしいのは、知っている。

回復食でつらかったことは、食べてはいけないもの、その量にかなり気を遣わねばいけなかったことだ。

カフェでカフェインなし、牛乳もなしのドリンクを選ぶのには一苦労したし、重度のアレルギーってこんな感じなのかなと思った。

私自身も幼い頃はひどいアトピーで、今でも添加物の入ったもの、よくない油を使ったものを口に入れると、肌が極端に荒れたり、お腹を下したりする。

今回のファスティングは、胃腸の調子を整え、便秘と下痢を繰り返す腸内環境をどうにかしたいという目的で始めたが、それが達成されたかどうかはイマイチわからない。

巷で言われる効果として、体重減少や、味覚の変化が挙げられるが、別に太っていたわけでもなく、味覚は異常なくらい薄味なので、こちらも実感はない。

胃は小さくなっていない気がする。もっと食べたいもの。
ただ、胃が痛むのは、小さくなったから?

よくわからない。

一年間ジムで鍛えた筋肉が落ちてなければいいけど。
それだけが心配だ。

今回のファスティングは、私にはあまり向かなかったようである。
酵素ドリンクの味も、すっかり飽きてしまった。

ただ、偏食である私は、食事制限をされることのつらさ、好きなものを食べられる幸福感を学べた気がする。

本来なら3日間は回復食だけれど、
私はもともと野菜さえあれば生きていける(とは言えないけれど)に近しい人間なので、明日からは特に気にせず食べようと思う。

魚とコーヒーだけは控えておこうかな。コーヒー飲みたいな。笑

まぁこれはこれで、ひとつの経験になりました。
でももう二度とやらないかなー。

☆使用酵素☆

投稿者プロフィール

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。