おかずの作りおきをするようになって。

家で、自分たちの作ったご飯を食べるのが好きだ。

好き嫌いが多いということもあるし、
外食は落ち着かないということもあるし、
胃腸が弱いということもあるし、
誰かと話しながらごはんを食べるのがうまくできないということもあるし、
その理由はいろいろある。

お弁当を一人でぽつねんと食べるのは、許容範囲である。
もちろん、月に一、二度くらいは外食もするけれど。

前までは家にいて、好きな時に好きなものを買いに行って、たっぷり時間をかけてご飯の支度をすることができた

けれど、働き出すとそうはいかない。

スーパーが安い日に、たくさん買い出しをすることが多くなった。
そうなると、いかに保存しておくかが大切になってくる。

肉類は、ラップにくるんで空気を抜いて、種類やグラム数を書き込んで冷凍する。
葉っぱ類は、茹でて切って置いておく。

暇のある時は、根菜類を茹でたり、副菜になりそうなおかずをたくさん作っておいたりする。

切り干し大根だとか、ナムルだとか、野菜のマリネだとか、蒸しカボチャだとか茹で鶏だとか。
うちはまだ家事をやる手が多いからいいけれど、一人で全部をこなす働く主婦はすごいなぁと改めて思う。
旦那さんが手伝ってくれるのだろうか。

こうしておくと、お弁当のおかずも楽だし、晩ご飯はメインだけ頑張れば良いことになる。
下ごしらえした野菜は、火の通りも早い。
よく食べる家族なので、水曜日あたりにはなくなってしまい、もう一度週の中日に頑張らねばならなくなるけれど、こうするようになってから随分と料理が楽になった。
洗い物も減り、節約にもなる。

何より、「なんだかやりくり上手さんみたいだわ」と自らを誇らしく思える。

肉はこんなふうに保存するのがいい、解凍方法はこう、葉物はこんなふう、といった、食材ごとの保存法や、そのアレンジがどんどん知識になってくる。
これは、かなり楽しい。

料理って、科学だなぁとしみじみと感じるのだ。
みなさんも、ぜひ。
レッツ作り置きライフ。

※本当に面倒な時は、ケンタッキーフライドチキンまで車を飛ばしますが。

図書館には、下記のような本が山ほど置いてあります。
もちろん無料。
活用しない手はありませんぞ。

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。