仕事復帰して、一週間。

月曜日。昼から出勤。
みんなすごく優しい。
業務分担も、再編成してくれた。

火曜日。婦人科のあと、10:30から出勤。

水曜日。雨のためバスで出勤。気分が悪くなり、10分遅刻。

木曜日。心療内科のため15:30で早退け。

金曜日。フルで出勤。

みんなと打ち解けた。
仕事もやりやすくなった。
その場にいるのが楽になった。

けれど、すごく疲れた。
今週は、母が出張、妹が残業続きで家事もやらなくちゃならなかった。

ストレス食いに走る日もあった。
でも、一週間毎日行ったんだ。
自分で自分を褒めてあげたいくらいだ。

土曜日。あまりのしんどさに、ほとんど一日寝ていた。
みんなこんな感じで頑張っているんだろうな、きっと。

休日友達と遊ぶなんて、とてもできない。
そんな気力も体力も、残ってやしない。

家に帰って家族と話すのでさえ、ひどく消耗するのだ。
ひとりになりたい、ひとりになりたい、

さみしがりやのわたしが、呪文のように唱えている。

音が。
人が。
大量の情報が。
疲れる。

けれど、また明日からも行くんだ。
今日は小説も書いて、ブログも書いて、本も読むんだ。

好きなことを、仕事なんかに取られてたまるもんか。
まだ諦めないぞ。

諦めたいけど、ここで逃げちゃ変われない。

ブログ運営者

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。