人参のタネをうえました。

暑いですね。暑いです。動物も植物もでれーんとしちゃいます。

そんな今日の夕方。

コーナンで買ってきた人参のタネをうえました。

裏の説明書きを読んでもよくわからない。

うーん、こんな時はおじいちゃんです。

おじいちゃんは、農業で家を建てました。そう、プロの農家です。
86歳になった今でも、毎日のように畑をいじっています。すごすぎる。

多分在宅ワーカーの私よりも動いてるんじゃなかろうか。

そういうわけで。おじいちゃんと一緒に大きな鍬を持って畑に参上。
夕方4時でもギラギラと照りつける太陽。

あ、日焼け止め……ま、いっか。

そこからおじいちゃんのスパルタ教育が始まります。

私「おじいちゃん、ここに植えたらいい?」

じじ「そこはあかん!次玉ねぎ植えるからな。今年じゃがいもを育てたところは玉ねぎ、逆に玉ねぎやったところは来年じゃがいもや。連作と輪作という言葉があってな、同じものを連続して同じ所に植えたら…」(以下略

私「ここは?」と先日きゅうりを植えた場所の隣を指さす。

やっと許可がおりました。

さて、ここからが本番です。

土を耕す作業、簡単そうに見えてほんとにたいへん。

カチカチに固まった土を掘り起こす作業に始まり、土を細かくする作業、畝を作る作業、タネを置く筋を入れる工程、一人前になるまでに10年は最低でもかかるそうです。
おじいちゃん…わたし10年も待ってたらおなかすいて死んじゃうよ…

じじ「おじいちゃん見てるだけやから、やってみ!ほら、ここ掘り起こせてないで。そんなことではええ人参はでけん。これはな、やってみな身につかんねや。いくら聞いても…」(以下略

そんなことを言いながら、思いっきり手を貸してくれる、甘いおじいちゃん。

ありがとう。

おかげで立派な畝ができました。

あとは10cm間隔くらいで種を撒いて、粉状にした土を軽くかぶせればおっけーです。
ここまで長かった。

人参の畝

夏は暑くて乾燥するそうで、上に藁を敷いてやりました。
朝夕2回水やりをしなくちゃいけないんだとか。
そういえば、先日買って命が尽きそうになっているヒマワリちゃんたち、乾燥が原因なんだろうか…

朝夕2回って……年頃のわたしは遊びにも行けないということでしょうか。。。
農家ってキビシイ。

ミニトマトもいい感じに育ってきました。
IMG_3209

夜ご飯は、先日収穫した新じゃがを蒸かしたもの、収穫期を迎えている長ナスと、こちらも先日収穫した新玉ねぎの煮浸しを作りました。他にも今日はお野菜がいっぱいあって、ベジタブルな食卓になりました。しあわせ。

自分たちで植えて、育てて(ここはおじいちゃんが大いに活躍)、収穫する野菜を食べて暮らしていると、なんだか食べるのも生きるもの楽しくなってきます。
大げさかもしれないけど、やっぱり違う。

スーパーで買ってきたきれいなトマトも美味しいんだけど、一つだけ赤くなってたミニトマトを、ぷつんと取ってごしごしして、そのまま口にほうりこむと、太陽を食べているみたい。

玉ねぎもじゃがいもも、土に植わっているということすら知らない子供が増えているみたいです。

それで成り立ってしまっているのだからそれでいいじゃない、という声もあるだろうし、価値観は人それぞれなのだろうけれど、やっぱり私は自分の口にはいるものがどんな風に育つのか、見て感じていたい。

こういうのを持っていないと、なんだかおかしくなってしまいそうだから。

パソコン、便利ですし。とっても。
レディミールに助けられているママやお年寄りもたくさんいるはず。

程度の問題なんです、きっと。わたしはできるかぎり、畑や田んぼと一緒に暮らしたい。

お米を作っているのに白米が苦手というのは、どうにかならないものかと思いますが……

投稿者プロフィール

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。