絶望に気がつくと希望が見える『死に至る病 ーまんがで読破ー』キェルケゴール

死に至る病

『死に至る病』――。
なんとも物騒な題名の本であるが、おそらく精神的な内容だろうと思って、興味があり図書館で借りてみた。
まんがで読破ということで内容は非常にわかりやすく、一時間ほどで読めてしまった。
哲学書はいつも心が折れてしまうので、まんが最高。

キェルケゴール(1813〜1855)は、デンマークの宗教思想家、哲学者。
親に抑圧され、生き方を厳しく規定されながら幼少期を過ごした彼は、大学でヘーゲル哲学に出会う。

ヘーゲルの弁証法に傾倒しかけたキェルケゴールだったが、その考え方に疑問を抱くようになる。
ひとことで言うと、ヘーゲルの哲学は個人の自由意志を無視していた。(少なくともキェルケゴールにはそのように感じられた)

ある日、彼は父親から到底受け入れがたい告白をされ、その衝撃で退廃的な生活を送るようになる。
それでも彼は、自分自身の罪(だと彼が信じるもの)から目を背けずに、己を取り巻く絶望に真摯に向き合った。
そして、罪深き自分の贖罪のために、これからの人生を生きていくと決める。

そんな彼は、ある良家の娘と恋に落ち、婚約する。
普通なら、ここで彼の魂は救われてめでたしとなるところなのだけれど、彼はその目の前の幸せを受け入れられなかった。
互いが互いを深く愛し合っているのを知っていながら、婚約を解消してしまった。
自分は罪深き人間であり、相手を幸せになどできないと思い込んで。

そこから、キェルケゴールは自分だけではなく、世界中の人々の苦しみに目を向けるようになった。
そして、人の精神を死に追いやる病を見つける。
「自己が自己である責任を放棄してしまう病=絶望」がその正体だ。

キェルケゴールは言う。
「人は病と同じように皆、多かれ少なかれ自分自身に絶望を抱いている」

そして、人の抱く絶望には3種類ある、と彼は言う。

自己の本質を知らない絶望

これが1つめ。
自分の本質を見出そうともせず、快楽に溺れて生きる。
感覚的に人生を過ごしている状態。
「とにかく酒飲んで忘れるぞ―!」みたいなことですね。

それでも無意識の虚無感は拭いきれず、心の空白を自分の外の価値観に委ねようとする。
ブランド物で身を固めたり、
自分よりも劣っている(と自分が決めつける)人を見て安心したり。

そんなふうにして、なんとか誤魔化していく。
この種類の絶望は、自分の本質とさえ向きあおうとしない状態。

そして、自分が本当はどうなりたいかを知っている人にも、絶望はある。
むしろこちらの絶望のほうが根が深い。

本来的な自己になろうとしない絶望

本当になりたい自分はわかっているのに、なりたい自己を選べる自由と責任から逃げてしまう。
変化を恐れ、自分に自信が持てず、閉じこもる。

けれど自分を知ってしまっているがゆえに目を逸らし続けることはできず、そのギャップに非常に苦しむ。
これが2つめの絶望。

非本来的な自己になろうとする絶望

これは、2つめの絶望から自己を防衛するために現れる、次の段階の絶望ではないか、とわたし個人は思う。
2つめの絶望から逃れることも叶わず、かといって肉体的な死を選ぶこともできない時、外部に責任転嫁をした結果として現れてくるのでは、と。

そして、病んでいる現代人に一番多い状態も、この絶望ではないかと思う。

この絶望は、「怒り」が一番前に出てくる。
自己を選ぶ自由と責任から逃れたいあまり、それが外部に押し付けられたものであると憤る。

変わりたくもない、けれど変われない自分でいるのは苦しい。だから、周りの環境のせいにする。

このタイプの厄介なところは、「なりたくない自分像」にしがみついているということ。
なりたくない自分像でいる限り、自分の苦しみは誰かのせいにできる。

逆に言うと、「なりたくない自分像」を手放してしまうと、苦しみを自分で抱えなくてはいけなくなる。

これが怖いから、多くの人は不満を言いながら、現状に甘んじる。
そのほうが楽だから。

結局、人間は弱い

人間が絶望から抜け出すには、外部の刺激に溺れる「感覚的な生き方」から、「倫理的な生き方」を目指すことにあるとキェルケゴールは言う。
倫理的な生き方とは、自分自身に関わる全責任を引き受け、あるとあらゆる可能性の中から、自分の意思で自分を選んでいくということ。

けれど、人間はその弱さゆえに、完璧に倫理的にはなれない。
逆に、人間の弱さは、人間に愛の存在を教えてくれ、謙虚さを与えてくれる。

だから、不完全なわたしたちにできることは、まず絶望の状態を知ることではないだろうか。
自分自身を見つめることから目をそらさずに、自己を選ぶ自由と責任をほんの少しでも自分の手に持つこと。

たまには休憩してもいい。
思いっきり逃げてもいいでしょう。

ただ、確かに自分に含まれている「絶望」のこともたまには思い出して、「よし、いっちょ『なりたい自己』に向かって歩いてみるか」と行動する瞬間も、人生にあっていいかもしれないと思わせてくれた一冊でした。

【哲学書で心が折れない人はこちらどうぞ】

The following two tabs change content below.
ことば、文字、文章。 それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。 文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。 そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。 私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。