『どんぐり姉妹/吉本ばなな』

姉妹っていうのは、不思議な関係だと思いませんか?

そこには、女同士の友達だったら絶対に築けないような、そんな絆がある気がするのです。

だって私は、妹がいなかったら、この世知辛い世の中で行きていける気がしないもの。

これって、妹には重いことだよなあと思ったりもするけれど、
血の繋がりっていうのは、そういう重さをうまく薄めてくれて、ちょうどいい感じにしてくれる。

妹の一部は自分の一部であって、それでもぜんぜん違う人間だっていうのが、本当におもしろくて。
安心して。

友達という存在が、
「正面を向き合って、楽しいことを一緒にする存在」
だとしたら、

姉妹っていうのは、
「背中を守りあって、一緒に暮らす存在」
なのかもしれないね。

ふつうこういうのって、愛する男性との関係なのかもしれないけれどね。笑

関係とか、役割ってなんだろう。と思う。

おねえちゃんは、しっかりもので、世話好きで、ちょっとだけ強くて、いつも前を向いているの?
いもうとは、少しわがままで、愛されていて、平和的で、優しくて、お古を着ているの?

おとなになるにつれて、姉妹の役割がぼんやりとした。
どっちかがダメな時は、もう一方ががんばる。
どっちもダメな時は、一緒にやけ食いをする。
どっちも元気なら、結構別々に行動しているんだよなぁ。

お母さんとか、お父さんとか、
日本は特に「その人」よりも「その人との関係があるべき役割」を重視している気がする。

だから、お父さんではなく、お母さんに料理をしてもらいたいだとか、
お父さんに働いてもらいたいだとか、

そういうのがあるんだよなあ。
どうしても。

この小説では、姉妹がそれぞれの役割を務めているようで、それでいてそれぞれが「その人」で描かれている。

強く見せようとするところも、わからないことや弱い部分をさらけだすことも、
慣れ合いじゃなくて支えあうところも、
すごくリアル。
つくりものじゃないんです、って言われても、うんうんと読んでしまうよ。

強くて激しい姉と、引きこもりがちな妹が、悩める人々とメールをするというお話。

相談に乗ってあげて解決するんじゃない。
ただただ、聞いてあげる。
心をそばに寄せてあげる。

差別的な言い方を恐れないなら、これは女性にしかできない仕事だと思う。

男性はいつも答えを求めるところがあって、悩める人にはアドバイスをしようとして、
それがいつの間にか自分の考えを押し付けていたり、ただ暑苦しい人になったりする。

それに気づかない人は、「女心がわかってないなあ」と言われてしまうのだろう。

ただ目を見て、耳をそばだてて、頷いてくれれば、それだけでいい時だってあるのだ。

それが知らない人でも、救われる時ってある。
素敵な仕事だよなあ。

ブログ運営者

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。