『冷たい晩餐/ヘルマンコッホ』

最近、あまりご紹介したいと思える本に出会えていなかったのですがーー

久々に戦慄を感じましたので。

まだ新しい本です。
図書館でたまたま見つけました。

帯にはこんなふうに書いてあります。

「予約が取れない人気レストランで食事を楽しむ二組の夫婦。
彼らの話題は、それぞれの息子たちが起こした陰惨な事件についてだった。

真実を公表するべきか?それとも隠蔽し続けるべきか?
そして夫婦のとった驚愕の行動とは?」

息子が事件を起こしたら。
それも、かなり悪質なやつ。

親であるあなたはどうするだろう?

とにかく叱りつけ、警察にその身柄を差し出すだろうか
どこまでも息子のしたことを正当化し、味方しようとするのだろうか

息子はあなたに何を求めている?
息子はあなたのどんな背中を見て育った?

あなた自身が、これまでも暴力的素質を持った人物だったら?

主人公の目から語られる描写は、果たして真実なのだろうか。

もちろん、この世には真実など存在し得ないのかもしれない。

すべては個人の勝手な解釈に委ねられるのかもしれない。

それでも。
この物語の描き出す世界は狂っている。

何もかもが反吐の出るようなモダニズムの象徴で、
それを精緻に言葉にしている彼自身が突然、世界に刃を向ける。

ディナーのフルコースの順に沿って物語が進行していく様は、静と動の共存だ。
そこで思考と行動を繰り返す、ちょっと奇妙な主人公。

変に共感してしまう部分もあるはずだ。

それとも私が狂っているのか?

ハッピーエンドでも、バッドエンドでもない、そんな食後酒があなたを待っている。

書いた人

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍、ペーパーバック(紙の書籍でお届け。POD=プリントオンデマンドを利用)
販売価格:電子書籍450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)、ペーパーバック2,420円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。