『すいかの匂い/江國香織』

少女でいるときにしか、見えないものがある。

少女でいるときにしか、感じられないものがある。

少女でいるときにしか、できないことがある。

それはきっと、おとなになったらすっかり忘れてしまうか、頭の奥にしまいこまれてしまう。

けれど、妙にずっと残っている記憶というのもある。

どきどきしたこと。
ちょっと悪いこと。
自分というものを確かめ始めるとき。

それは匂いとして、
音として、
細部の風景として、わたしたちに残る。

それは何の役にも立たないけれど、きっとわたしたちを支えてくれている。

あの頃はみんな少女だった。

わたしはいつ少女を卒業して、少しだけ汚くなったのだろう。

いや、少女の頃だって、その頃こそ、ずるかったのかもしれない。

繊細で、世界は謎に満ちていて、それでも自分の足で立たなくちゃならないと思っていたから。

それでも、太陽は眩しくて、海はどこまでも遠く透き通っていて、お父さんはスーパーマンで、わたしはなんでもできると思っていた。

そんな少女時代の思い出は、胸にそっとしまってある。

なのに、どうして江國さんにはわかってしまうのだろう。
わたしだけの秘密だと思っていたのに、これは誰にでもあることなのだろうか。

そう思うと、少しがっかりしたような、安心したような、透き通るような気持ちになるのだった。

投稿者プロフィール

ちひろ
ことば、文字、文章。
それはとても恐ろしいものでもあり、うんと心強い味方でもある。

文字はマンガに劣り、写真は動画に劣ると言われる時代で、文字の集積だけがもたらしてくれる「情報」以上の無限の想像のための余白。
そんな文字の持つ力に心躍る方がいたら、ぜひ友達になってください。
私はそんな友達を見つけるために、物書きをしているのです。

新刊発売中!

できることなら、十四歳という年齢はすっとばしてしまえるのがいい。
冬に元気をなくす母親と、影の薄い善良なフィンランド人の父親を持ち、ぼくは彼らの経営する瀬戸内市の小さなリゾートホテルで暮らしていた。ある時なんの前触れもなしに、ぼくにとって唯一の友達であったソウタが姿を消した。学校に行くことをやめ、代わり映えのしない平穏な日々を過ごすぼくの生活に、少しずつ影が落ちはじめる。

『レモンドロップの形をした長い前置き』
著者:田中千尋
販売形態:電子書籍のみ
販売価格:450円(※Kindle Unlimitedをご利用の方は無料で読めます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。